結婚祝いの贈り物と時期や予算について

バナー

結婚祝いの贈り物と時期や予算について

友人や親戚に結婚祝いとして贈り物を選ぶ際に相手の生活スタイルに合わせて選ぶと喜ばれるでしょう。

相手が共働きである場合には出来る限り奥さんの家事の負担が減らせるようなキッチンの時短アイテムや自動の掃除機などが好まれるかもしれません。


まだ結婚して間もない頃には揃っていない家電や家具も多い為、リサーチして贈り物を決めるという方法でも良いでしょう。

新生活がスタートできるようなアイテムだと喜ばれやすいでしょう。

消耗品ではなく、出来れば形に残るようなものを選ぶと良いでしょう。

BIGLOBEニュースについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

結婚祝いとして贈り物を贈る場合には相手が結婚内祝いとして半額程度のお返しする事を想定して高額になりすぎず、相場にあった金額で贈りたいものです。

明日に役立つ結婚祝いの贈り物関連の情報をたくさん掲載しています。

結婚祝いの相場に関して、披露宴に出席しない場合でかつ相手が友人の場合や会社関係の人には五千円から1万円程度、兄弟間であれば3万円程度が妥当と言われています。

結婚祝いで避けたいアイテムとして、割れる物、切れる物は避けるべきとされていますが、最近では貰う人が嬉しい物であれば、気にしないという人も増えてきている事も事実です。


迷う場合には避けた方が無難でしょう。
結婚祝いはいつ送れば良いかというと、結婚式の1か月前から数日前程度がベストですが、入籍後に話を聞いたという事も多いです。

この場合には「遅くなりまして」と前置きをしてお渡しすると良いでしょう。



相手の都合もあるので相手に予定を聞いてから渡しても失礼にはならないでしょう。